チェックするポイントは

農機具の査定ポイントは、やはりメーカーやそのモデルなどは重視されやすいです。査定に関しては、農機具の場合は型式なども査定金額に大きなポイントとして見られる部分です。これは他の車種と同じように、人気のモデルのものや有名なメーカーのものだと買取価格も落ちにくいものとなります。人気のあるメーカーの農機具や希少価値のあるタイプの場合は、需要もあり査定価格が高くなる可能性がありますし、金額も下がりにくいと言われています。あまり人気が無いものは、査定価格が最初からあまり希望に添うような形ではでないと考えます。農機具の場合は、車体がピカピカではなくボロボロでも高額査定がつくことが多いです。

その理由には、海外からの需要が多くあることと、海外では農機具はどのような形でも高く売ることが可能だからです。年式の古いもので、修理が必要な場は海外で修理をして使われることになりますが、その中でも部品があまりないものは値段があまりつくことがないので、査定価格にもそれほど大きな期待ができないことになります。また、登録書といって、公道を走ることができる証明書を必要としますので、査定時にはこのような書類も用意しておくようにしましょう。